一般社団法人プラズマレーザー研究会

プラズマレーザーシステムとは

・パルス幅可変型ハイピークパルスタイプNd-YAGレーザー「STREAK-1」

・残留塩素補正消毒システム「エコシステムもしくはエアーシステム;エピオス社製」

・たんぱく分解型除菌水「POICウォーター」

・さらに「オーラループ4プラス」

 

これらの機材をシステム化して使用することで完成いたします。

従来のレーザー機器よりもはるかにハイスペックで、多用途に使用することが可能な「STREAK-1」。もちろん厚生労働省の認可を受けております(止血・切開・凝固・蒸散)。またEMS認可と言って、電磁波に対する基準も満たしており、安全に使用できます。このレーザーは最高出力13.86W、最大ピークパワー4KWと従来のどのレーザーよりも高出力を安全に出すことが出来、治療効果も非常に高いのです。そして歯科用ユニットをはじめすべての給水系に殺菌力を有し、上下水道法に適合し飲用可能な有効残留塩素濃度10~40ppmの歯科治療水を供給できるエコシステム、もしくはユニットごとに供給可能なエアーシステム。そして治療中はもちろんホームケアにおいても口腔内のプラークのバイオフィルムを破壊して、歯面より浮かせて除菌が出来るPOICウォーター。さらに歯ぐきのコラーゲンの産生を助け、緩やかな除菌力を有し、歯を強くするオーラループ4プラス。すべてが揃うことで、麻酔薬や抗生物質などの使用を避けることが可能で、細菌感染のリスクを最小限に安全に歯科治療を受けることが出来ます。

一歩進めて従来では歯の神経(歯髄)を取らなければ治らなかった大きなむし歯も痛みも少なく、薬剤も使用せずに治療することが可能です。

患者さんにも医療従事者にとっても歯科医療の「夢」を実現する可能性を秘めたシステムです。

 

 

プラズマレーザーシステムで可能な治療

☆ほとんどの処置で麻酔薬を使用しません

・出来るだけ削らない痛みも少ないむし歯の治療

・従来では取らないと治らなかった歯の神経の保存

・麻酔や薬剤を使用せずに極めて早く治る歯周病の治療

・麻酔や薬剤の使用が困難な患者さんの抜歯や小手術

・今までよりも高度なむし歯や歯周病の予防処置

・歯ぐきの黒ずみの除去

・歯科小手術(上唇小帯、舌小帯切除、ポリープ除去など)

・止血処置

・歯の白斑の除去

・顎関節症

・根管治療(歯の根の中の細菌が原因の病気)

・痛みの除去

Etc..

 

歯を抜かない・削らない・神経取らない!

麻酔も薬も使わない!

「夢の歯科医療を目指して!!!」

Return Top